メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
データで見る将棋

藤井七段、最年少記録を塗り替えられるか タイトル挑戦は最大であと3棋戦

将棋の主な最年少記録

 現役最年少棋士の藤井聡太七段(17)が23日、竜王戦決勝トーナメントで敗れ、年内のタイトル挑戦の可能性がなくなった。史上最年少の14歳2カ月でプロ入りした後、史上最多の29連勝を果たし、その後も勝率8割台の強さを誇る。しかし、これまで惜しいところでタイトル戦に手が届かず、最年少挑戦記録の更新のチャンスはあと最大で3棋戦となった。タイトル獲得の最年少記録も楽々と塗り替えるものと思われていた藤井七段だが、ここに来て苦戦している。

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1249文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

丸山進

これまで東京学芸部や東京経済部などで取材。現在は学芸部で囲碁、将棋を担当する。以前は放送分野を取材したことも。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです