メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データで見る将棋

藤井七段、最年少記録を塗り替えられるか タイトル挑戦は最大であと3棋戦

将棋の主な最年少記録

 現役最年少棋士の藤井聡太七段(17)が23日、竜王戦決勝トーナメントで敗れ、年内のタイトル挑戦の可能性がなくなった。史上最年少の14歳2カ月でプロ入りした後、史上最多の29連勝を果たし、その後も勝率8割台の強さを誇る。しかし、これまで惜しいところでタイトル戦に手が届かず、最年少挑戦記録の更新のチャンスはあと最大で3棋戦となった。タイトル獲得の最年少記録も楽々と塗り替えるものと思われていた藤井七段だが、ここに来て苦戦している。

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1249文字)

丸山進

これまで東京学芸部や東京経済部などで取材。現在は学芸部で囲碁、将棋を担当する。以前は放送分野を取材したことも。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです