メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

558 人類初の月面着陸から50年/2

大統領の歴史的演説

 1961年5月25日、米国のケネディ大統領が、議会で「国家の緊急(きんきゅう)な必要性」と題する歴史的演説をしました(写真1)。その核心(かくしん)は以下のような言葉です。

 「私は、1960年代の終わりまでに、人間を月に着陸させ、安全に地球に帰還(きかん)させるという目標の達成に、わが国が取り組むべきだと確信しています。この期間のこの宇宙プロジェクト以上に、より強い印象を人類に残すものは存在せず、長きにわたる宇宙探査史においてより重要なものも存在しないことでしょう。そして、このプロジェクト以上に完遂(かんすい)に困難を伴(ともな)い費用を要するものもないでしょう」

 ケネディがこの演説をした時点では、米国は、そのわずか1カ月前に、アラン・シェパード飛行士がわずか1…

この記事は有料記事です。

残り1077文字(全文1422文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです