メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・アーティスト

北村英治 涙する人のためのジャズ

 <楽庫(らっこ)>

 「ジャズで踊って リキュルで更(ふ)けて」……西条八十作詞、中山晋平作曲、佐藤千夜子が歌って大ヒットした「東京行進曲」である。1929年5月1日発売され25万枚のヒットを記録した。29年といえば、ソ連のスターリン独裁体制が完成し、独ベルリンで血のメーデー事件が発生する。秋には米ニューヨーク市場で株が大暴落、世界恐慌が始まる。

 こんな時代に“ジャズで踊る”歌が流行したのは、先行きの不安や戦争の恐怖に包まれた庶民が精神的バラン…

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1072文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 前田、鈴木が東京五輪代表に内定 マラソン女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです