メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・ライブ

ユニコーン 今こそ異才の黄金期

撮影:三浦憲治&チームライトサム

 <楽庫(らっこ)>

 日本が誇るロックバンド、ユニコーンが、100周年ツアーを絶賛開催中だ。再始動から10年、現在の5人体制になり30年、川西幸一(Dr)の生誕60年で計100周年。ツアーに先駆けて、最新アルバム「UC100V」も発表されている。

 ツアーのライブ時間も100分きっかりと、前人未到(!?)のキャリア達成のアニバーサリー感が満載なのだが、その濃縮の100分でユニコーンというバンドの「とんでもなさ」を思い知らされる、ある意味で衝撃的な公演でもあった。

 5人全員が曲を書けて歌も歌えるため、ボーカルが順番に代わるステージは、各楽曲の世界観ともどもまったくの別物。別物なのだけど、どれもが等しくまぶし過ぎるほどの輝きを放つ。結果、僕たちは、キャラが立ちまくりの面白MCも含めて、やっぱり全部ユニコーンだと、いや、全部ユニコーンでしかないと思い至るのだ。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです