メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・ライブ

ユニコーン 今こそ異才の黄金期

撮影:三浦憲治&チームライトサム

 <楽庫(らっこ)>

 日本が誇るロックバンド、ユニコーンが、100周年ツアーを絶賛開催中だ。再始動から10年、現在の5人体制になり30年、川西幸一(Dr)の生誕60年で計100周年。ツアーに先駆けて、最新アルバム「UC100V」も発表されている。

 ツアーのライブ時間も100分きっかりと、前人未到(!?)のキャリア達成のアニバーサリー感が満載なのだが、その濃縮の100分でユニコーンというバンドの「とんでもなさ」を思い知らされる、ある意味で衝撃的な公演でもあった。

 5人全員が曲を書けて歌も歌えるため、ボーカルが順番に代わるステージは、各楽曲の世界観ともどもまった…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文686文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです