メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

7月連ドラ記者座談会

/下 文芸映画のような演出

「凪のお暇」(TBS系)

 7月開始の連続ドラマを視聴した記者による座談会の後編。漫画原作で「人生のリセット」をテーマにした「凪(なぎ)のお暇(いとま)」など5作で、このうち2作は韓国ドラマ原作のサスペンスというラインアップだ。

依頼主に尽くす弁護士 「怪盗」のドタバタ劇

 --まずはテレビ東京系の「ドラマBiz」枠の「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」から。実在の弁護士がモデルで、会社再建に情熱を注ぐ村越(反町隆史)が危機にある人々を救うストーリーだね。

 N 村越の諦めない姿に頭が下がる。依頼主のために金融機関などを説得し続ける姿勢は、相手の意見に聞く…

この記事は有料記事です。

残り2023文字(全文2291文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです