メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

おごるけん「親不孝」に来んしゃい 「アプリで地域活性」 福岡

 見ず知らずの誰かの食事代を負担するスマートフォンアプリを活用して、飲食店街を活性化する取り組みが福岡市中央区の親不孝通りで6月に始まった。アプリの利用者は食事代を払う側と食べる側に分かれ、払う側が食べる人の条件を事前に指定。これを機に商店街を訪れる人もおり、地元はアプリの普及に力を入れている。【久野洋】

 アプリは福岡市の新興企業「ジジ」が開発した「ごちめし」。食事代を払う側は、登録されている飲食店の中から「××店のラーメン3杯」のようにごちそうする内容を決め、食べる人を指定する。名前で指定できるほか、「若者」「誕生日の人」といった条件でも設定できる。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです