メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

「テレワーク」普及を推進 政府や都など、イベント次々 体験セミナーや窓口開設 /東京

テレワークの体験セミナーで、講師(左奥)の話に耳を傾ける参加者ら=港区で

 2020年東京五輪・パラリンピック開催期間中の都心の混雑緩和に向け、政府や都が普及を進めているのが、自宅や郊外のサテライトオフィスで仕事をする「テレワーク」だ。五輪までに導入企業を増やそうと、大会1年前の今夏は、都内でイベントが目白押し。先進事例を紹介したり、インターネット会議を体験してもらったりして利点をPRしている。

 23日に港区のコミュニティー型ワークスペース「WeWork乃木坂」で開かれたテレワークの体験セミナー。16人の参加者が講師の説明に沿って、インターネットを使ったスケジュール管理や会議のやり方を学んだ。江東区の物流会社で管理職を務める男性(45)は「物流業界はワークライフバランスの向上が急務。現場のドライバーは難しいが、五輪までに内勤社員でテレワークを導入したい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  4. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  5. コロナ交付金で「感染差別根絶の鐘」はあり? 佐賀県議会で激論に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです