メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海経済

旅行先の満足度、愛知43位 観光の魅力向上が課題 昨年度、じゃらん調査 /愛知

 観光に関する民間調査機関「じゃらんリサーチセンター」がまとめた宿泊旅行調査によると、旅行先に対する総合満足度で三重が全国4位と上位に入る一方、岐阜は37位、愛知は43位にとどまった。特に愛知の観光の魅力向上という課題が改めて浮き彫りになった。

 調査は4月、全国の20~79歳の男女1万5559人にインターネットで行い、2018年度の国内宿泊旅行の動向を調べた。東海エリア(愛知、岐阜、三重、静岡)の推計旅行者は1705万人で、前年度比2%減だった。

 満足度を項目別に見ると、「魅力的な宿泊施設が多かった」の項目で三重が49%で9位につけたが、岐阜は42%で25位、愛知は26%で45位にとどまった。さらに「魅力ある特産品や土産物が多かった」は三重(60%)が10位▽岐阜(54%)が23位▽愛知(42%)が41位。「現地で良い観光情報を入手できた」は三重(29%)が19位▽岐阜(24%)が32位▽愛知(16%)が46位--など、特に愛知の低迷が目…

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「緊急事態」期間は1カ月程度か 首都圏4都県、大阪、兵庫軸に

  2. 緊急事態宣言、発令後も自粛頼み 施設使用停止などに法的根拠 放送局ににらみも

  3. 千葉県で妊娠女性の感染確認 松戸ではヤマト運輸支店で感染拡大 新型コロナ

  4. タレントのゴリけんさん、新型コロナ感染

  5. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 7日にも発令決断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです