メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

視察

グルメの都から イタリア大学院生が伊賀牛牧場など 生活に密着した食文化学ぶ 名張 /三重

 環境や伝統を大切にした食文化を学ぶイタリア食科学大学院の学生29人が6月28、29の両日、伊賀、名張両市を初めて視察し、伊賀牛の牧場などを訪ねた。世界16カ国から集まる学生で、人の生活様式や他の産業との関わりが美食を生む背景を学んだ。【久木田照子】

 同大は世界初の食科学専門の大学。環境に配慮した伝統農法や食を見直すスローフード運動が生まれたイタリア北西部・ピエモンテ州で、2004年に設立された。日本ではスローフード運動が盛んな山形県鶴岡市などと交流している。

 今回の視察には、フードジャーナリストや金融、エンジニアなど多彩な経歴を持つ23~57歳が参加した。…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文809文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです