メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こども高野山夏季大学

“見えない不安”を体験 白杖使い歩行 桂福点さん講師 /大阪

こども高野山夏季大学の体験学習でアイマスクを着けて白杖を頼りに歩く子どもたち=和歌山県高野町で、菅知美撮影

 第13回こども高野山夏季大学(毎日新聞社主催、雪印メグミルク特別協賛)は26日の二日目、全盲の落語家、桂福点さんによる視覚障害体験教室をはじめ、はがきを作る紙すき教室など多彩なプログラムが行われた。

 体験教室では、福点さんと視覚障害者ガイドヘルパー指導員の渡辺憲子さんが視覚障害者が歩くとき、どんなことに不安があるか、白杖(はくじょう)を使ってどう歩くかなどを説明した。子どもたちはアイマスクを着け、仲間の声を頼りにつえで前方を確かめながら歩く体験をした。

 徳島県三好市池田町の井上真信さん(4年)は「目を隠して歩くと、左右に何があるか分からなかったけど、…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 元農水次官、長男殺害で懲役6年の実刑判決 東京地裁

  4. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  5. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです