メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
こども高野山夏季大学

“見えない不安”を体験 白杖使い歩行 桂福点さん講師 /大阪

こども高野山夏季大学の体験学習でアイマスクを着けて白杖を頼りに歩く子どもたち=和歌山県高野町で、菅知美撮影

 第13回こども高野山夏季大学(毎日新聞社主催、雪印メグミルク特別協賛)は26日の二日目、全盲の落語家、桂福点さんによる視覚障害体験教室をはじめ、はがきを作る紙すき教室など多彩なプログラムが行われた。

 体験教室では、福点さんと視覚障害者ガイドヘルパー指導員の渡辺憲子さんが視覚障害者が歩くとき、どんなことに不安があるか、白杖(はくじょう)を使ってどう歩くかなどを説明した。子どもたちはアイマスクを着け、仲間の声を頼りにつえで前方を確かめながら歩く体験をした。

 徳島県三好市池田町の井上真信さん(4年)は「目を隠して歩くと、左右に何があるか分からなかったけど、…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文585文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです