メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

和田邦坊、生誕120年展 原画中心に150点 善通寺 /香川

ファンに人気の和田邦坊企画展=香川県善通寺市の灸まん美術館で、山中尚登撮影

 画家や小説家などとして多彩な才能を発揮した和田邦坊(1899~1992年)の生誕120周年を記念した企画展「君不老如花(きみおいずはなのごとし)」が、善通寺市の「灸まん美術館」で開かれている。

 琴平町出身の邦坊はジャーナリストの父を持ち、東京日日新聞(現毎日新聞)へ新聞漫画家として就職。その後、小説家として脚光を浴びた。

 企画展では、地元をはじめ全国の和菓子メーカーなどのパッケージデザインの原画を中心に約150点を展示。邦坊が手掛けたパッケージはユーモラスなものから繊細で美しいものまで、多様で見応えのある作品が並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです