メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

じこじこ

参院選を振り返って /高知

 参院選「徳島・高知」選挙区で再選した自民現職の高野光二郎氏(44)。22日朝、高知市内の事務所で一夜明けての感想を問われ「投票率、得票率ともにもっと上げたかった」と語った。笑顔は少なく、硬い表情が印象的だった。

 今回、自民党は「徳島・高知」選挙区を候補者支援に特に注力する「激戦区」に指定した。開票結果を見ると、高野氏と次点の野党統一候補との差は約5万2000票。同様に事実上の与野党一騎打ちの構図だった前回選(2016年)と比べると、約1万1000票縮まった。

 森友・加計問題や閣僚の失言など、現政権の体質の影響もあるだろう。高野氏は「もっと差を離したかったし…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文616文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. バルーンフェスタ概要発表 カラフル気球、123機参加 第40回記念大会 来月31日~11月4日 /佐賀

  4. しまなみ海道サイクル道で画びょうばらまき、自転車31台パンク 愛媛・今治

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです