メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

仮設入居延長せず 「被災者切り捨て」住民ら抗議 /福岡

 九州北部豪雨で被災した朝倉市の仮設住宅について小川洋知事が使用期限を延長しないと発表したことを受けて、被災住民らでつくる「九州北部豪雨朝倉被災者の会」(伊藤正彦代表、約120人)は26日、「知事として最も根本的な県民を守るという責務を放棄したに等しい」などとする抗議文を発表した。同市杷木林田の仮設団地で記者会見を開き、延長を強く求めていくことを明らかにした。

 抗議文は「県は会の申し入れに『被災者一人一人に寄り添う』と回答してきたが、延長しないという判断は全く矛盾している。少数の被災者切り捨てそのもの」と指摘。「具体的にどのような事情を考慮して判断したのか、全く説明責任を果たしていない。会の面会の申し入れすらも拒否するなどもってのほかだ」と県の対応を厳しく批判した。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです