メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラオス航空

熊本直行便 11月末就航目指す /宮崎

 ラオス航空は25日、熊本-ラオス間の新路線を開設し、11月末の就航を目指すと発表した。実現すれば両国間初の定期直行便となり、所要時間は現行の半分以下の片道4時間半に短縮する。

 就航を目指すのは首都ビエンチャン、観光都市ルアンプラバンと熊本の間の2路線で、いずれも週2便運航する。エアバスA320(142席)を使用し、往復運賃は4万6000~8万70…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 沢尻エリカ容疑者逮捕にNHK放送総局長「遺憾」「反社会的行為は容認できない」

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです