メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本郵便

生保販売自粛へ 全商品、かんぽ不正受け

 かんぽ生命保険の不正販売問題を受け、日本郵便は26日、民間の生命保険各社から委託されているすべての保険商品の販売を自粛する最終調整に入った。内部調査の終了や、弁護士による特別調査委員会の報告書公表に合わせ、年末までの自粛を想定している。主力のかんぽ商品も同様にとりやめる見通しで、販売手数料が得られなければ収益悪化は避けられず、日本郵政グループ全体の経営にも影響を及ぼすのは必至だ。

 日本郵政グループは今月末に記者会見を開き、こうした対応を説明する方針だ。かんぽ生命の乗り換え契約を巡っては、不正の疑いがある事例が約9万3000件発覚しているが、さらに膨らむ可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです