メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポンペオ米国務長官

有志連合、日本に参加要請 ホルムズ海峡警備で

 ポンペオ米国務長官は25日、FOXニュースのインタビューで、中東ホルムズ海峡の安全確保に向けた有志連合構想について、日本など具体的な国名を挙げ、参加を要請していることを明かした。米政府はこの日、同盟国や友好国約60カ国を招き、同構想に関する2回目の説明会を開催。ただ、構想の全容は定かでなく「対イラン包囲網」になることを嫌い参加をためらう国も多い。

 インタビューでポンペオ氏は、日本や韓国、英独仏、オーストラリア、ノルウェーなど各国に参加を求めたと明言。「ホルムズ海峡の航行が確保され、原油や他の製品を輸送することが自国の利益となる全ての国は、有志連合に加わる必要がある」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです