メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

米朝実務者協議展望 核兵器完全廃棄→開発の凍結 米、大幅に譲歩か

 板門店での6月30日の米朝首脳会談で合意された実務者間の非核化協議再開を前に北朝鮮は25日に短距離弾道ミサイルを発射するなど揺さぶりをかけている。一方、早期の協議再開を望むトランプ米政権内には北朝鮮の核開発「凍結案」が浮上。実際に提案すれば、これまで掲げてきた「完全廃棄」要求からの大幅な譲歩で、日本の安全保障環境にも影響する。交渉の行方を展望する。【ワシントン高本耕太、ソウル渋江千春】

 「できれば7月中に実務者同士で協議を始めさせましょう」。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は、板門店でおよそ4カ月ぶりに再会したトランプ大統領にそう声をかけたと伝えられる。

この記事は有料記事です。

残り2462文字(全文2747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 視聴室 世界を変えた女の子

  5. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです