メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

米朝実務者協議展望 核兵器完全廃棄→開発の凍結 米、大幅に譲歩か

 板門店での6月30日の米朝首脳会談で合意された実務者間の非核化協議再開を前に北朝鮮は25日に短距離弾道ミサイルを発射するなど揺さぶりをかけている。一方、早期の協議再開を望むトランプ米政権内には北朝鮮の核開発「凍結案」が浮上。実際に提案すれば、これまで掲げてきた「完全廃棄」要求からの大幅な譲歩で、日本の安全保障環境にも影響する。交渉の行方を展望する。【ワシントン高本耕太、ソウル渋江千春】

 「できれば7月中に実務者同士で協議を始めさせましょう」。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は…

この記事は有料記事です。

残り2502文字(全文2747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  4. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  5. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです