メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

大相撲、親方国籍問題

櫟原利明氏

 大相撲で歴代最多42回優勝のモンゴル出身横綱・白鵬(34)が、日本国籍の取得を進めている。日本相撲協会が、力士が引退後に親方として協会に残るには日本国籍でなければならないと定めているためだ。力士としての実績、親方の伝統的名称である「年寄名跡」の取得に加えて、日本国籍を要件とする現行制度は妥当か否か。

この記事は有料記事です。

残り2687文字(全文2838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 男逃走

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 「交際相手と宿泊は」「妊娠は」ひとり親手当をもらうために、詮索されるプライバシー

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです