メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホルムズ海峡

有志連合、欧州は慎重 英、「米抜き」を仏独と協議

 中東ホルムズ海峡の有志連合構想を巡り、米国は25日に2回目の説明会を開くなど、関係各国に対して参加の働きかけを強める。だが、伝統的に協力関係にあった欧州主要国は、イラン核合意から一方的に離脱したトランプ米政権とは一線を画しており、有志連合の参加にも慎重な姿勢を崩していない。

英国

 19日に英船籍タンカー「ステナ・インペロ」がホルムズ海峡でイランに拿捕(だほ)された英国は、イランを強く非難しながらも対イラン方針では米国と距離を置いている。

 ハント英外相(当時)は22日、欧州主導による「米国抜き」の独自の連合構想を明らかにした。英BBCに…

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1351文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. 行政ファイル 立山のニシキゴイ、コイヘルペスか /富山

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 天皇、皇后両陛下が大凧つくりを見学 訪問中の新潟市で

  5. ORICON NEWS 生ハムとの”同居”に気づいた柴犬の必死な姿がかわいすぎた「あと少しで届くのに…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです