メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホルムズ海峡

有志連合、欧州は慎重 英、「米抜き」を仏独と協議

 中東ホルムズ海峡の有志連合構想を巡り、米国は25日に2回目の説明会を開くなど、関係各国に対して参加の働きかけを強める。だが、伝統的に協力関係にあった欧州主要国は、イラン核合意から一方的に離脱したトランプ米政権とは一線を画しており、有志連合の参加にも慎重な姿勢を崩していない。

英国

 19日に英船籍タンカー「ステナ・インペロ」がホルムズ海峡でイランに拿捕(だほ)された英国は、イランを強く非難しながらも対イラン方針では米国と距離を置いている。

 ハント英外相(当時)は22日、欧州主導による「米国抜き」の独自の連合構想を明らかにした。英BBCによると、ハント氏は21日夕に仏独の外相と電話協議し、両国から計画への支持を取り付けたという。

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1351文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  5. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです