メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

覚醒剤

取引、東南アジアで急増

タイ当局が公開した大量の押収薬物の中には、お茶に偽装されパックに詰められた覚醒剤もあった=現地当局者提供

 国連薬物犯罪事務所(UNODC)は、東南アジアで近年、覚醒剤「メタンフェタミン」の製造や取引が急増し、日本やオーストラリアなどを含めたその市場規模が年間最大614億ドル(6兆6127億円)に達すると発表した。国際犯罪組織が巨額の利益を上げ、UNODCなどは「安全保障上の脅威にもなっている」と警告している。【バンコク西脇真一】

 UNODCが東南アジアの国際組織犯罪の動向を5年ぶりにまとめた。報告書は推定で1240万人が340…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです