日本郵便

経営に打撃 保険販売年内自粛、手数料収入激減

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本郵便が、グループ会社のかんぽ生命保険の商品だけでなく、アフラック生命保険などを含むすべての保険商品の販売を年末まで自粛する最終調整に入った。これまで8月末までとしていた主力のかんぽ生命の販売自粛期間も年末までに延長する方向で、販売手数料収入の減少を通じた経営への打撃は不可避の情勢だ。【藤渕志保、加藤明子】

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文728文字)

あわせて読みたい

注目の特集