メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米GDP

年2.1%増 米中対立響き減速 4~6月

 米商務省が26日発表した2019年4~6月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、年率換算で前期比2・1%増となった。個人消費や政府支出がけん引する一方、米中貿易戦争の不透明感が強まるなかで企業の設備投資が落ち込み、1~3月期の同3・1%増から減速した。

 市場の事前予想(1・8%増)を上回り、米経済の本来の実力とされる2%程度の成長を維持した。

 米GDPの3分の2を占める個人消費は前期比4・3%増加。好調な雇用・所得環境に支えられて17年10…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 道端アンジェリカさん、恐喝容疑で書類送検 逮捕の夫と同席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです