メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それぞれの選択

中小企業の今/下 会社売買、ネットで 売り手負担なし 5年で3倍

福岡空港の土産物店に並ぶ「TORIKAI CAFE」の生ガトーショコラ(中央)=福岡市博多区で、松本尚也撮影

 後継者不足が深刻になっている中小企業の間では、事業を全く別の企業に売却して引き継ぐ手法も広がりつつある。

 大勢の観光客が行き交う九州の玄関口、福岡空港。空港内の土産物店で、洋菓子製造・販売会社「TORIKAI CAFE」(トリカイカフェ、福岡市)の生ガトーショコラが人気を集める。代表取締役の島原創さん(46)は「こんなに順調に行くとは思わなかった」と手応えを感じている。

 島原さんは会社勤務を経て、データ販売会社などを起業してきたが、訪日外国人の増加によって市場が拡大する分野に参入しようと2017年に決意。インターネットによる企業の合併・買収(M&A)仲介会社のトランビ(東京都)に「買収希望額1000万円以下」といった条件を登録した。すると数カ月後、「老舗豆腐店に併設されたカフェ事業が売却される」との情報がメールで送られてきた。すぐに交渉を開始し、契約は約2カ月で…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1128文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「少年ジャンプ」が発売延期 編集部社員が新型コロナ感染 27日に「合併号」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです