メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

きょう前哨戦 岩手・釜石スタジアム、盛岡駅から80キロ 1.6万人アクセス、試金石

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)の会場になる岩手県釜石市で27日、日本代表がフィジーと戦う。東日本大震災で被災した地元では「復興のシンボルに」と歓迎ムードが高まっている。ただ、会場は三陸海岸沿いに位置し、アクセスは決してよくない。東北の小さなまちが混乱なく観客を迎え入れられるのか、W杯本番へ大事な試金石になる。【日向米華】

 会場の「釜石鵜(うの)住居(すまい)復興スタジアム」(収容人数約1万6000人)は、県内唯一の空港である花巻空港から直線距離で約65キロ、JR盛岡駅から約80キロ。交通アクセスが課題だ。一方、27日のチケットは完売し、釜石市の人口の半分ほどに当たる人数が観戦する見込みだ。

この記事は有料記事です。

残り1523文字(全文1823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 赤ちゃんザル「エール」優勝 高崎山・選抜総選挙 大分

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. 名前は「けしモン」! 大分市消防局マスコット、20年越し命名

  5. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです