メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/349 第四話 黒武御神火御殿=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

「お秋さんも、屋敷から逃げ出したあとは、迷子になった場所に戻ってたのかい?」

「はい。気がついたら一人で、道ばたに倒れ込んでいたんです」

 背中に、あひるのゆで卵の包みをしょっていた。

「印半天を着たままでしたから、慌てて脱ぎました。着ていたら、またあの屋敷に引き戻されそうな気がして」

 脱いだ勢いで道ばたに捨ててしまうには、そのときがいちばんの好機だったのだろうが、そうは都合よくいかないのが人の心の厄介なところだ。

「今までの出来事の証(あかし)だし、たった一つの甚さんとの繋(つな)がりだったし」

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文844文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです