メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/349 第四話 黒武御神火御殿=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

「お秋さんも、屋敷から逃げ出したあとは、迷子になった場所に戻ってたのかい?」

「はい。気がついたら一人で、道ばたに倒れ込んでいたんです」

 背中に、あひるのゆで卵の包みをしょっていた。

「印半天を着たままでしたから、慌てて脱ぎました。着ていたら、またあの屋敷に引き戻されそうな気がして」

 脱いだ勢いで道ばたに捨ててしまうには、そのときがいちばんの好機だったのだろうが、そうは都合よくいかないのが人の心の厄介なところだ。

「今までの出来事の証(あかし)だし、たった一つの甚さんとの繋(つな)がりだったし」

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです