メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/349 第四話 黒武御神火御殿=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

「お秋さんも、屋敷から逃げ出したあとは、迷子になった場所に戻ってたのかい?」

「はい。気がついたら一人で、道ばたに倒れ込んでいたんです」

 背中に、あひるのゆで卵の包みをしょっていた。

「印半天を着たままでしたから、慌てて脱ぎました。着ていたら、またあの屋敷に引き戻されそうな気がして」

 脱いだ勢いで道ばたに捨ててしまうには、そのときがいちばんの好機だったのだろうが、そうは都合よくいかないのが人の心の厄介なところだ。

「今までの出来事の証(あかし)だし、たった一つの甚さんとの繋(つな)がりだったし」

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです