メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

夏に快眠できる寝室 明け方まで冷房使って

寝具は素材により吸湿性などの特性や感触が異なるため、実際に触れて選ぶとよい

 <くらしナビ ライフスタイル>

 猛暑の季節がやってきた。都市部を中心に各地で寝苦しい夜が続きそうだが、エアコンの長時間使用は冷え過ぎの懸念から抵抗感を抱く人も少なくない。家電や寝具を上手に使いながら、快適な環境を作り、質の良い睡眠を確保するコツを探った。

 体温と睡眠は、それぞれ1日周期のリズムがある。夜は体温が低下して睡眠に入りやすくなり、明け方、体温の上昇に伴い目が覚めやすくなる。睡眠中は、脳を休ませる「ノンレム睡眠」と、眠りの浅い「レム睡眠」が交互に起き、約90分周期で繰り返される。疲労の度合いにもよるが、通常は入眠後2~3時間の間に、ノンレム睡眠の中でも眠りの深い「徐波睡眠」が現れる。

 豊橋技術科学大学の都築和代教授(建築環境工学)は、成人男性について、睡眠中の冷房の使い方と体温の関…

この記事は有料記事です。

残り1283文字(全文1633文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  3. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  4. 沖澤のどかさん、ブザンソン指揮者コン優勝 小澤征爾さんや佐渡裕さん輩出

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです