メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

農業、農政の現状と課題 今回のゲスト 藤原辰史さん

森健さん

 就業者の高齢化と後継者不足、相次ぐ輸入自由化などにより日本の第1次産業の要、農業が危機に直面してきた。さらには未来を左右する重要な施策が行われようとしている。日本農業と農政の現状、展望について藤原辰史・京都大准教授(農業史)とジャーナリストの森健さんが議論した。【構成・栗原俊雄、撮影・根岸基弘】

自然や共同体を壊さぬ小規模農業の追求を

種子法廃止・種苗法改正、食料安全保障脅かす

 森 昨年4月、種子法=注<1>=が廃止されました。どう受けとめましたか。

 藤原 多様な品種を安定的に供給させないと作物の生産量も質も安定せず、国民が飢えてしまいます。だから…

この記事は有料記事です。

残り3096文字(全文3372文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです