メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一刀両断

大相撲 白鵬戦、若手に変化=芝田山康

 

 梅雨も明けず、例年より涼しかった大相撲名古屋場所は、鶴竜が千秋楽の横綱対決を制し、7場所ぶり6回目の賜杯を抱いた。敗れた白鵬も結びまで優勝の可能性を残し、務めは果たした。今場所は、優勝42回の白鵬に挑む力士たちに、「勝ってやろう」という取り口の変化が見て取れた。

 初日から阿炎が突っ張りでハッとさせる場面を作り、先場所優勝の朝乃山は長い相撲を取った。遠藤も足が一歩出なかったが押し込んだ。いずれも、見せ場は作った。一方、9日目の逸ノ城は巨体にものをいわせ、14日目の馬力相撲の琴奨菊は鋭い出足で、ともに長所を生かし白鵬に相撲を取らせず金星を挙げた。

 右四つ左上手の絶対の形を持ち、2015年初場所で33回目の優勝を遂げ、元横綱・大鵬を抜いて優勝回数…

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. 富山・クマの人身被害、5日連続 ラジオ体操帰りの3人重軽傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです