メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水泳

世界選手権 高速対決、渡辺は銅 世界記録破られ 男子200平

男子200メートル平泳ぎ決勝、3位となった渡辺=宮武祐希撮影

 第15日は26日、韓国・光州で行われ、男子200メートル平泳ぎ決勝で渡辺一平(トヨタ自動車)が2分6秒73で2大会連続となる銅メダルを獲得した。アントン・チュプコフ(ロシア)が渡辺らの世界記録を0秒55更新する2分6秒12で2連覇した。

 男子200メートル背泳ぎの入江陵介(イトマン東進)は1分56秒52で5位。男子800メートルリレー予選で日本(高橋、松元、吉田、瀬戸)は7分9秒23の9位となり、東京五輪出場枠を獲得したが、決勝進出は逃した。

 男子50メートル自由形準決勝で塩浦慎理(イトマン東進)は21秒74の全体7位となり、27日の決勝へ…

この記事は有料記事です。

残り1735文字(全文2009文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです