メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本郵便、全保険商品の販売を自粛へ かんぽ不正契約問題受け

日本郵便のロゴマーク=曽根田和久撮影

 かんぽ生命保険の不正販売問題を受け、日本郵便は26日、民間の生命保険各社から委託されているすべての保険商品の販売を自粛する最終調整に入った。内部調査の終了や、弁護士による特別調査委員会の報告書公表に合わせ、年末までの自粛を想定している。主力のかんぽ商品も同様にとりやめる見通しで、販売手数料が得られなければ収益悪化は避けられず、日本郵政グループ全体の経営にも影響を及ぼすのは必至だ。

 日本郵政グループは今月末に記者会見を開き、こうした対応を説明する方針だ。かんぽ生命の乗り換え契約を…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文657文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです