メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米司法省、スプリント・Tモバイルの合併承認 プリペイド携帯事業売却など条件に

ソフトバンクのロゴマーク=東京都千代田区で2019年4月16日、曽根田和久撮影

 米司法省は26日、ソフトバンクグループ傘下で米携帯電話4位のスプリントと、同3位のTモバイルUSの合併を承認した。米衛星放送大手にプリペイド携帯事業などを売却することが条件。司法省と並行して合併を審査している米連邦通信委員会(FCC)も承認する方向で、紆余(うよ)曲折を経た両社の合併計画は大きく前進した。

 合併後の新会社「Tモバイル」の契約者数は1億人を超え、首位ベライゾン・コミュニケーションズ、2位A…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文749文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです