メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英仏独3カ国、イランの核合意逸脱を黙認、制裁見送りへ 原油取引は実施せず

イランのロウハニ大統領=AP

 英仏独3カ国が、イランによる核合意の逸脱行為から初となる28日の核合意当事国(英仏独中露)による協議で、イランの合意逸脱を黙認し、制裁を見送る方針であることが、複数の外交筋への取材で分かった。一方で、イランが要求していたイラン産原油の取引も現段階では実施しない。英仏独は核合意やホルムズ海峡を巡る米・イラン関係の緊張緩和を最優先しつつ、イランに一方的な譲歩もしない「バランス外交」を実施する。

 イランは昨年の米国による核合意離脱を受け、今年5月に核合意からの逸脱を表明。今月1日に核合意で定め…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文982文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです