メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英仏独3カ国、イランの核合意逸脱を黙認、制裁見送りへ 原油取引は実施せず

イランのロウハニ大統領=AP

 英仏独3カ国が、イランによる核合意の逸脱行為から初となる28日の核合意当事国(英仏独中露)による協議で、イランの合意逸脱を黙認し、制裁を見送る方針であることが、複数の外交筋への取材で分かった。一方で、イランが要求していたイラン産原油の取引も現段階では実施しない。英仏独は核合意やホルムズ海峡を巡る米・イラン関係の緊張緩和を最優先しつつ、イランに一方的な譲歩もしない「バランス外交」を実施する。

 イランは昨年の米国による核合意離脱を受け、今年5月に核合意からの逸脱を表明。今月1日に核合意で定め…

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. ORICON NEWS アニメ『映画 すみっコぐらし』邦画1位の異色ヒット 不意打ちで大人が「号泣」

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです