メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

本庶氏、小野薬品を提訴へ 「オプジーボ」特許料、配分増求め

PD-1阻害がん治療薬の特許について記者会見する本庶佑・京都大特別教授=京都市左京区で2019年4月10日午後4時32分、川平愛撮影

 がん免疫治療薬「オプジーボ」の特許使用料の配分額の引き上げを求め、本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授がメーカーの小野薬品工業(大阪市)を相手取り、提訴する方針を固めた。代理人弁護士が26日、毎日新聞の取材に明らかにした。本庶氏は昨年、がん治療法を発見した功績でノーベル医学生理学賞を受賞し、その後の記者会見や講演で配分額の低さに不満を表明していた。訴訟準備が整い次第、京大と協議し、8月にも提訴する。

 本庶氏らの研究グループは1992年、たんぱく質「PD―1」を発見し、免疫にブレーキをかけていること…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文767文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです