野生の大麻草、開花前に根こそぎ 監視も強化 北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
根絶を目指し自生する野生の大麻草を抜き取る住民ボランティア=北海道置戸町で
根絶を目指し自生する野生の大麻草を抜き取る住民ボランティア=北海道置戸町で

 過去に麻繊維を栽培した名残で野生の大麻草が残る地区の一つ、北海道置戸町で26日、薬剤師会や商工会女性部などから参加した住民ボランティア約40人が大麻草の抜き取りに汗を流した。開花前に抜き取り、撲滅させる作戦で、この日は約2時間で5038本を根こそぎ除去した。

 道内でも特に野生大麻草が多い同町、訓子府町、津別町で重点的に除去を進めており、今年は3町での除去数が計1万5360本で、昨年を約3万本下回った。参加者によると、昨年より細くて…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

あわせて読みたい

注目の特集