メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空、汚水処理水を違法放流 開港から25年間 基準値は超えず

関西国際空港=大阪府泉佐野市で2017年9月21日、本社ヘリから川平愛撮影

 関西エアポートは26日、関西国際空港にある浄化センターの汚水処理水の一部が、雨水専用排出口から大阪湾に放流される違法状態が、1994年の開港から約25年間続いていたと発表した。放流された処理水はいずれも国の基準値を下回り、周辺海域の環境への影響はないという。

 関西エアによると、消防用貯水池に処理水を活用、藻の発生を防ぐため1日10立方メートルをあふれさせていたが、それが雨水専用排出口から放流…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  5. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです