メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空、汚水処理水を違法放流 開港から25年間 基準値は超えず

関西国際空港=大阪府泉佐野市で2017年9月21日、本社ヘリから川平愛撮影

 関西エアポートは26日、関西国際空港にある浄化センターの汚水処理水の一部が、雨水専用排出口から大阪湾に放流される違法状態が、1994年の開港から約25年間続いていたと発表した。放流された処理水はいずれも国の基準値を下回り、周辺海域の環境への影響はないという。

 関西エアによると、消防用貯水池に処理水を活用、藻の発生を防ぐため1日10立方メートルをあふれさせていたが、それが雨水専用排出口から放流…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 藤井が2冠奪取 王位戦の「封じ手」3通、計2250万円で落札 第4局は1500万円

  5. 「メンバー意向尊重し『少年隊』の名は残すことに」 錦織さん、植草さん退所 ジャニーズ事務所の「報告」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです