東京の夜空に2万発の競演 隅田川花火大会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
夜空を彩る隅田川花火大会の花火=東京都台東区・墨田区境界の蔵前橋で2019年7月27日午後7時39分、小川昌宏撮影 拡大
夜空を彩る隅田川花火大会の花火=東京都台東区・墨田区境界の蔵前橋で2019年7月27日午後7時39分、小川昌宏撮影

 東京の夏の風物詩「第42回隅田川花火大会」が27日夜、台東、墨田の両区境を流れる隅田川で開かれた。豪快な大玉や鮮やかな仕掛けなど約2万発の競演に、大勢の見物客が歓声を上げた。

 同花火大会は、毎年、7月の最終土曜日に開催されてきたが、昨年は台風のため1日遅れとなった。今年も台風6号の影響が心配されたが、予定通りの開催となった。来年は東京五輪のため、日程を繰り上げ7月11日の開催が予定されている。

あわせて読みたい

注目の特集