メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

BMW 5シリーズにディーゼルエンジンモデルと4WDを組み合わせた追加グレードを設定し発売

情報提供:カートップ

BMW 5シリーズにディーゼルエンジンモデルと4WDを組み合わせた追加グレードを設定し発売

スポーティさを際立たせる専用アイテムもプラス

 ビー・エム・ダブリューは、2017年にフルモデルチェンジして第7世代へと進化した5シリーズに、クリーンディーゼル&インテリジェント4WDシステム「BMW xDrive」を搭載した「523d xDrive M Spirit」を、セダンとツーリングの両モデルに追加し発売した。メーカー希望小売価格(税込み)はセダンが750万円、ツーリングが782万円となっている。

 今回追加となったモデルに搭載されるパワートレインは、最高出力190馬力(140kW)/4000rpm、最大トルク400N・m/1750rpm-2500rpmを発揮する2L直4ディーゼルターボ。WLTC燃費は15.6km/Lと、力強い走りと燃費の良さを両立している。

 BMW xDriveは、走行中の路面状況や4輪すべての駆動状態をつねに検知し、車両の走行状況に応じて前後トルク配分を最適化するシステム。高速域でのクルージングはもちろん、ワインディングでの気持ちいい走りに貢献してくれる。

 また、スポーティな走りを象徴するため「M Spirit」という新しいデザインラインを採用。2018年に5シリーズのスポーティさを際立たせる特別仕様車として登場しており、今回の523dにも採用した。M Spirit用サスペンションや、専用ステアリングを含むM Sportパッケージも装備。さらに18インチアロイホイールで足もとをスタイリッシュにまとめている。


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「僕たちの未来がなくなる」 気候変動対策強化求め若者ら東京・渋谷でデモ 

  4. 日本、ロシア破り開幕戦制す 松島快走3トライ 2大会連続白星発進 ラグビーW杯

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです