メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

当時のブームに乗って大熱狂! だが冷静になると「スーパーカー」じゃなかったクルマ10選

情報提供:カートップ

当時のブームに乗って大熱狂! だが冷静になると「スーパーカー」じゃなかったクルマ10選

ブームに乗って人気が高まったモデルたち

 スーパーカーブームの渦中にいたのは50歳オーバーだろう。今では当たり前のようにフェラーリ、ランボルギーニを見かけたりするが、当時は街で見かけるのは超まれだったし、実車を見ようとスーパーカーショーに足を運べばピッカリコニカを持ったちびっこが大量に押し寄せていて長蛇の列。拝むことも至難の技だった。

スーパーカー

 ブームも盛り上がると、フェラーリ512BBやランボルギーニカウンタックといったド定番に飽き足らず、どんどんと裾野は広がり、今思うと「これ、スーパーカーじゃないだろ」的なクルマまでもてはやされる始末だった。今回はそんなスーパーカーだったけど、じつはそうじゃなかったかもなクルマを振り返ってみよう。

スーパーカー

1)デ・トマソ・パンテーラ

 スペックやデザインなどは立派なスーパーカーだったが、よく見るとフォードとデ・トマソの合作で、アメ車的な部分があちこちに。エンジンはフォードのV8を積んでいるのはいいとしても、OHVというのは残念なところ。デ・トマソ自体も紆余曲折でメーカーとは呼べないほどの不安定さもあった。

スーパーカー

2)デ・トマソ・ヴァレルンガ

 マニアックなスーパーカーとして小学生のうんちくにも登場したし、スタイルはスーパーカーそのもの。しかし、エンジンは直4の1.5リッターで、なんと102馬力しかなかったのは残念。作りもかなり適当で、整備泣かせだった。

スーパーカー

3)デ・トマソ・マングスタ

 デ・トマソでもうひとつ。ヴァレルンガの後継モデルとして登場したのがマングスタで、製作手法や販売は毎度のフォードのコラボ。パンテーラがすぐに登場したので、存在意義がなくなったこともあり、ヒットとまではいかなかった。マングスタとはマングースのことで、ACコブラへのあてつけで付けられたという説もあり。ちなみに現在もデ・トマソそのものは親戚筋によって存在しているようだ。

スーパーカー

4)マセラティ・ギブリ

 ボーラやメラクはスーパーカーとしてお馴染みだが、フェラーリのデイトナに対抗して登場したのがこちら。FRを採用し、エンジンをフロントに積んでいるのはいいが、なんとも長く、間延びした感じ。スペックは330馬力と立派ではあった。

スーパーカー

5)ランボルギーニ・エスパーダ

 ミウラの4シーターGT版として登場し、エンジンもミウラ譲りでV12気筒だった。4シーターだけならよかったが、ラゲッジもある程度の容量を確保したため、全長だけが長いボディはあまりすっきりとせず。

スーパーカー

添付ファイルが見つかりません

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  5. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです