静岡市

県内産食材使用、新食堂オープン 市役所に来月5日 市民も利用可能 /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新食堂では、静岡県産の食材を使った定食などが楽しめる=静岡市葵区で
新食堂では、静岡県産の食材を使った定食などが楽しめる=静岡市葵区で

 静岡市は8月5日、市民も利用できる新食堂「コミュニティー&ダイニングスペース 茶木魚(ちゃきっと)」を市役所静岡庁舎(葵区)にオープンさせる。市内産の木材が使われた内装や、地元の食材を使ったメニューが特長で、市は「世代を超えて気軽に利用できるスペースにしたい」としている。

 1986年の庁舎建設から職員向けの食堂が入っていたが、2018年3月…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集