メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

仏司法と闘う農園主(その1) 「友愛」胸に難民支援

移民の男性と談笑するセドリック・エローさん(右)=フランス南東部ブレイユシュルロヤで8日、賀有勇撮影

 地中海近くに至る欧州アルプスの西端に位置する人口2000人の村、仏南東部ブレイユシュルロヤ。イタリアとの国境付近にオリーブ農園を持つ、農家のセドリック・エローさん(40)は、ほんの数年前まで自分が勾留されたり、フランスの根本理念をかけて法廷闘争をしたりするとは想像もしていなかった。

 転機を迎えたのは、地中海などを渡って欧州に殺到した中東やアフリカからの移民らがフランスにも多くたどり着くようになった2016年。窮状を見かね、国境を陸路で越えてくる移民や難民を自宅に迎え、食事や寝床を提供するとともに、難民申請手続きの手助けをするようになった。

 「プライバシーを味わえるのは逮捕されて警察署で寝るときだけ」。冗談めかして語るエローさんの自宅には…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ニホンヤマネ激減 少雪で安眠できず  清里・やまねミュージアム「保護を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです