イラン核合意

英仏独、逸脱黙認 制裁見送り方針

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 英仏独3カ国が、イランによる核合意の逸脱行為から初となる28日の核合意当事国(英仏独中露)による協議で、イランの合意逸脱を黙認し、制裁を見送る方針であることが、複数の外交筋への取材で分かった。一方で、イランが要求していたイラン産原油の取引も現段階では実施しない。英仏独は核合意やホルムズ海峡を巡る米・イラン関係の緊張緩和を最優先しつつ、イランに一方的な譲歩もしない「バランス外交」を実施する。【ウィーン三木幸治】

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文844文字)

あわせて読みたい

ニュース特集