萩生田・自民幹事長代行

改憲滞れば衆院議長交代 異例の言及

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党の萩生田光一幹事長代行は26日夜のインターネット番組で、国会で憲法改正の議論が停滞したままであれば大島理森衆院議長が交代する可能性に言及した。萩生田氏は安倍晋三首相の側近。改憲を巡る議論を進展させたいとの思惑があるとみられるが、衆院議長の交代は総選挙後に行われるのが慣例で、首相が意欲を示す改…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

あわせて読みたい

注目の特集