メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決
時代の風

困難な日韓関係 両国内の和解こそ鍵=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

=宮間俊樹撮影

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 1994年夏、ところはベトナムのハノイ。社会主義共和国としてのベトナム建国の父、ホー・チ・ミンの肖像を飾った階段の奥の部屋。そこで、南北ベトナム統一後初めて訪問した日本の首相とベトナム首相が、少人数の同行者のみを交えて会談した。随行者全員による会合の直前だった。

 日本とベトナム3人ずつだっただけに、部屋にはくだけた雰囲気が漂っていた。冒頭、ベトナムのボー・バン・キエト首相はかすかな笑みを浮かべながら、村山富市首相の顔を真っすぐ見つめて口を切った。

この記事は有料記事です。

残り1413文字(全文1663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです