メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
時代の風

困難な日韓関係 両国内の和解こそ鍵=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

=宮間俊樹撮影

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 1994年夏、ところはベトナムのハノイ。社会主義共和国としてのベトナム建国の父、ホー・チ・ミンの肖像を飾った階段の奥の部屋。そこで、南北ベトナム統一後初めて訪問した日本の首相とベトナム首相が、少人数の同行者のみを交えて会談した。随行者全員による会合の直前だった。

 日本とベトナム3人ずつだっただけに、部屋にはくだけた雰囲気が漂っていた。冒頭、ベトナムのボー・バン…

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1663文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです