メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/350 第四話 黒武御神火御殿=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 二葉屋の主人夫婦は、お秋に暇を出すこともなく、淡々と働かせた。

「本当に有り難いことだと思います」

 その恩があったから、お秋も、後に病で寝付いてしまった二葉屋のおかみを親身に看取(みと)ったのだろう。

「これからも、変わらずに忠勤なさい」

 説教がましいのは承知の上で、富次郎は言った。

「甚さんのことは忘れっこないよね。だが、それ以外のことは忘れていい。この三島屋の変わり百物語が、まるごと聞き捨てにしてしまうからさ」

 その言葉には、富次郎が恃(たの)んでいる以上の効き目があったようだ。頑(かたく)なな険を刻んでいた…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文815文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです