メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/350 第四話 黒武御神火御殿=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 二葉屋の主人夫婦は、お秋に暇を出すこともなく、淡々と働かせた。

「本当に有り難いことだと思います」

 その恩があったから、お秋も、後に病で寝付いてしまった二葉屋のおかみを親身に看取(みと)ったのだろう。

「これからも、変わらずに忠勤なさい」

 説教がましいのは承知の上で、富次郎は言った。

「甚さんのことは忘れっこないよね。だが、それ以外のことは忘れていい。この三島屋の変わり百物語が、まるごと聞き捨てにしてしまうからさ」

 その言葉には、富次郎が恃(たの)んでいる以上の効き目があったようだ。頑(かたく)なな険を刻んでいたお秋の目元が、初めて緩んだ。

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです