メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来への手紙プロジェクト

生まれてくる君へ、育ちゆくあなたへ 多様な家族でいい/次代につなぐ寄付

歌手の加藤登紀子さん(左)と対談する元厚労事務次官の村木厚子さん=東京都渋谷区で、根岸基弘撮影

 赤ちゃん誕生のドラマを未来へ伝える運動「未来への手紙プロジェクト」(日本フィランソロピー協会主催、毎日新聞社、日本クリニクラウン協会共催)は今月で9年目を迎えました。命への畏敬(いけい)や尊厳が改めて問われるなか、このプロジェクトを推進する歌手、加藤登紀子さんと、自らの誕生日にNPOなどへの寄付を呼びかける運動「誕生日寄付」を応援する元厚生労働事務次官、村木厚子さんに語り合ってもらいました。進行は高橋陽子・日本フィランソロピー協会理事長。話は誕生を起点に子育て論へと広がりました。【まとめ・西村浩一編集委員】

赤ちゃんに手紙を!祝福されて生まれたという事実、新しい生命に出会えた感動を未来へ伝えましょう。

この記事は有料記事です。

残り2965文字(全文3269文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです