メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『エコロジズム-「緑」の政治哲学入門』=ブライアン・バクスター著、松野弘監修・翻訳

 (ミネルヴァ書房・4860円)

 自然災害や健康に重大な影響を及ぼす環境問題への関心は高い。にもかかわらず、私たちのまわりでは今なお、環境保護のために具体性のある社会的な取り組みが行われていないように見える。なぜだろうか。

 著者は英国の政治哲学者。四大公害訴訟の歴史をもつ日本では「(環境保護に関する)直接行動主義の多くは特定の地域における汚染の脅威に向けられ」「その場限りの局地的なものになりがち…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです