メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『「二つの文化」論争 戦後英国の科学・文学・文化政策』=ガイ・オルトラーノ著、増田珠子・訳

 (みすず書房・6696円)

普遍性持つ「文系/理系」論争

 文系と理系にまつわる議論は、いつでも人気を博す。その「文系/理系」論を語る際、頻繁に引き合いに出されるのが、C・P・スノーの「二つの文化」である。科学者出身で小説家としても成功したスノーは、一九五九年に「二つの文化」と題された講演で、科学者と文学的知識人との間の知識の断絶を指摘した。その講演は好意的な反響も得たが、その一方で苛烈な反発も受けた。その代表的な論敵となったのが、F・R・リーヴィスである。本書は、スノーとリーヴィスの激しい論争は、単なる学問上の諍(いさか)いではなく、異なるヴィジョンを持つ者たちのイデオロギー上の衝突として見直す。さらに、両者のイデオロギーの詳細をみることで、英国の一九六〇年代の文化政策を広い射程でとらえる。

 スノーが「二つの文化」の議論で試みたのは、当時の英国の階級社会では地位が低かった科学の分野を称揚し…

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです