メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『明治維新の敗者たち 小栗上野介をめぐる記憶と歴史』=マイケル・ワート著、野口良平・訳

 (みすず書房・4104円)

 旗本の小栗上野介は、浦賀に来航したペリーと交渉し、アメリカにも派遣され見聞を広めた。幕府の陸海軍増強に努め、横須賀に造船所も築いた。薩長を主体とする西軍が迫ると抗戦を主張、職を解かれる。知行地の上州に移り、新政府側に捕らえられて、斬首された。群馬県内で鉱山開発に携わったことがあるので、徳川埋蔵金伝説が生まれた。

 著者ワートは、英語教員としてたまたま群馬県に勤務して、小栗上野介のことを知った。大学院では歴史学を…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです