メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東電旧経営陣3被告に無罪 福島第1原発事故
今週の本棚・新刊

『明治維新の敗者たち 小栗上野介をめぐる記憶と歴史』=マイケル・ワート著、野口良平・訳

 (みすず書房・4104円)

 旗本の小栗上野介は、浦賀に来航したペリーと交渉し、アメリカにも派遣され見聞を広めた。幕府の陸海軍増強に努め、横須賀に造船所も築いた。薩長を主体とする西軍が迫ると抗戦を主張、職を解かれる。知行地の上州に移り、新政府側に捕らえられて、斬首された。群馬県内で鉱山開発に携わったことがあるので、徳川埋蔵金伝説が生まれた。

 著者ワートは、英語教員としてたまたま群馬県に勤務して、小栗上野介のことを知った。大学院では歴史学を…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文486文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 埼玉・小4男児の死因は頸部圧迫の窒息 遺体発見現場の前は空き部屋

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです