メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カヌー

五輪新種目、スラローム女子カナディアン 転向5年、欧州で急成長 24歳八木、羽根田追う

4月のカヌー・スラロームの日本代表選考会に出場し、女子カナディアンシングルで優勝した八木。東京五輪への第一歩となる今季の日本代表に選ばれた=徳野仁子撮影

 来年の東京五輪で、カヌー・スラロームの新種目となる女子カナディアンシングルに注目の選手がいる。左肩の手術をきっかけにカヤックシングルから転向してわずか5年の八木愛莉(24)=ANA Cargo。男子カナディアンシングルの2016年リオデジャネイロ五輪銅メダリスト、羽根田卓也(32)=ミキハウス=の活躍に刺激を受け、「いつかは羽根田さんのような世界のトップを争える位置に行きたい」と大舞台での活躍を夢見る。【浅妻博之】

 アウトドア好きの家庭で育った相模原市出身の八木は3歳でカヌーを始めた。ピアノ、そろばん、クラシック…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 台風19号 福島・いわき市で6人の死亡確認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです