メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カヌー

五輪新種目、スラローム女子カナディアン 転向5年、欧州で急成長 24歳八木、羽根田追う

4月のカヌー・スラロームの日本代表選考会に出場し、女子カナディアンシングルで優勝した八木。東京五輪への第一歩となる今季の日本代表に選ばれた=徳野仁子撮影

 来年の東京五輪で、カヌー・スラロームの新種目となる女子カナディアンシングルに注目の選手がいる。左肩の手術をきっかけにカヤックシングルから転向してわずか5年の八木愛莉(24)=ANA Cargo。男子カナディアンシングルの2016年リオデジャネイロ五輪銅メダリスト、羽根田卓也(32)=ミキハウス=の活躍に刺激を受け、「いつかは羽根田さんのような世界のトップを争える位置に行きたい」と大舞台での活躍を夢見る。【浅妻博之】

 アウトドア好きの家庭で育った相模原市出身の八木は3歳でカヌーを始めた。ピアノ、そろばん、クラシックバレエなどの習い事はどれも長続きしなかったが「カヌーだけは楽しかった」。中学生の頃から本格的にカヤックに取り組み、高校生でジュニアの代表に入り、才能を開花させた。ジュニアの代表時代に指導経験がある市場大樹さん(42)は「昔から水を怖がらず根性がある」と評する。

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1144文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. 東京都、新たに389人の感染確認 5日ぶりに300人超 新型コロナ

  3. まさかの「車道」でも 沖縄、あまりにも多い「路上寝」 年7000件超、死亡事故も

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです